低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエット

2017/10/17   医院ブログ

インシュリンとは膵臓から分泌されるホルモンで、血液中から糖を取り込んで、血糖値を下げる働きがあります。
食事をすると血糖値が上がります。これをインシュリンの働きにより、元に戻すのですが、血糖値が高い状態が続くと糖尿病になります。
インシュリンが大量に分泌されて糖が細胞内にたくさん取り込まれると、エネルギーとして消費されずに残った糖は脂肪として蓄積します。
つまり、インシュリンの大量な分泌によって肥満になるのです。インシュリンの分泌量は血糖値によって決まります。
インシュリンの分泌を抑えるためには血糖値を上昇させない食品を採れば良い(低GI値の食品)という事になります。

低インシュリンダイエットはカロリーは制限せずに、GI値の低い食材を選んで食べるダイエットです。
カロリー制限は体に必要な栄養素が不足しがちで、身体にも良くないダイエット法で、食事量を戻すとリバウンドしやすいからです。
でも、いくらGI値が低い食品と言っても食べ過ぎないようにしないといけません。
よく噛むことは食べ過ぎ防止になり、食事に時間をかけることで、血糖値の急激な上昇を防ぐのです。

野菜からたべると野菜の食物繊維がお米などの炭水化物の吸収を遅らせ、急激な血糖値の上昇を抑えてくれます。
お米も玄米や六穀米にかえると良いでしょう。血糖値の上昇を抑えるのが目的ですから、朝食を抜くのは良いことではありません。
身体に空腹感を感じさせないように一日3食べましょう。
なるべく良質な栄養を摂りましょう。私も頑張ってます。(笑)

低インシュリンダイエット

川越で矯正治療、インプラント、親不知抜歯、歯周病治療、義歯の上手な歯医者は中台歯科医院