呼吸のできない子供達

呼吸のできない子供達

呼吸のできない子供達

2017/10/12   医院ブログ

近年、呼吸のできない子供の研究が進み、様々な治療が施されている。
上下顎骨の切除法やアデノイド切除、口蓋扁桃腺肥大、上顎骨の拡大です。
こどもの無呼吸ではアデノイド、口蓋扁桃肥大、肥満、鼻呼吸障害、顎顔面劣成長などが原因となることが多く認められます。

呼吸のできない子供達

小児における睡眠呼吸障害は発育・発達に悪い影響を与えます。
①成長障害
 身体発育・顎顔面発育障害・胸郭の変型。
②神経認知機能の発達への影響
 不注意・多動・衝動性・問題行動・学業不振・
 ADHD(注意欠陥多動性障害)との類似
③代謝系への影響
 肥満、メタボリックシンドローム予備軍

●全身への影響としては心臓、血圧への影響、メタボ予備軍の可能性、おねしょ、胸の変形(胸郭変形)、身長・体重の伸びが悪い。いつも口を半開きにしている(口呼吸)。
●頭部への影響としては寝起きの悪さ、昼間の眠気、キレやすい、学校の成績の低下

(無呼吸と夜尿との関係)
※2から13歳の夜尿症を伴う小児無呼吸患児107症例に口蓋扁桃摘出術・アデノイド切除を施行した結果、61.4%に夜尿が消失、22.8%に夜の頻尿が減少した。

歯科の分野では骨格矯正により上顎の発育を促し、子供が正常な呼吸ができるようにすることによって、全身の正しい成長発育の方向付けをしてあげることができます。
当院の矯正治療は、良好な顔貌へ成長をコントロールします。
大切なお子さんをアデノイド顔貌にしないでくださいね。

(アデノイド顔貌の外見的特徴)
面長な顔、鼻の下が長い、いつも口が開いている、二重顎、歯列不正。

川越で矯正治療、インプラント、親不知抜歯、歯周病治療、義歯の上手な歯医者は中台歯科医院