非結核性抗酸菌症(NTM症

非結核性抗酸菌症(NTM症

非結核性抗酸菌症(NTM症

2017/04/27   医院ブログ

近年、結核菌と類似した細菌により引き起こされる呼吸器の病気が急増しています。今日、15年前からお通いの患者様がお見えになりました。NTM症にかかって入院していたとのことです。なんと右中葉を摘出したそうです。大変でしたね。

抗酸菌とは結核の原因となる菌で、結核菌群と非結核性抗酸菌に分けられます。

非結核性抗酸菌は土、ほこりの中、水などあらゆるところに生息しており、その内8割がマック菌、1割がカンザシ菌です。

水や食物を介して感染し、人から人へ感染することはありません。

中高年の女性に多くみられ、進行は非常に遅く、結核の様に急速に悪化することはありません。

日本人の罹患率が世界で一番多く、まだ有効な治療法は確立していません。

非結核性抗酸菌症(NTM症)

(症状)たん、血痰、発熱倦怠感、体重減少など

 

(検査)胸部X線画像や胸部CT画像、くもって見える。

 

痰の中の菌の培養検査

(治療)結核に準じた複数の薬による化学療法

マック菌には抗結核菌薬が効きにくい。カンザシ菌には抗結核菌薬が有効であり、予後も良好なことが多い。

 

※もし、感染したら抗酸菌が生息しやすい場所を清掃する。免疫力を高めるために規則正しい生活を送る。バランスの採れた食事。ストレスを溜めない事などに気を付けましょう。

川越で矯正治療、インプラント、親不知抜歯、歯周病治療、義歯の上手な歯医者は中台歯科医院