三叉神経痛(ブロック注射)

三叉神経痛(ブロック注射)

  • 標準
  • 拡大

三叉神経痛(ブロック注射)

2016/08/22   医院ブログ

突然、顔面に針で刺したようなズキッとした激痛が走ることがありませんか。
それは三叉神経痛ではないでしょうか。
三叉神経痛は頭蓋部では眉毛のあたり、中顔面では鼻の横、下顔面では 犬歯より少し後方の位置に痛みが出ます。
テグレトールという薬により痛みが消える特徴があります。
原因は血管が神経を圧迫して起こるとされています。
脳腫瘍や脳の内部で神経を圧迫している場合は、手術が必要になりますが、局所に原因がある場合はブロック注射が効果があります。
1回の注射で約2年間、痛みから解放されます。中にはそのまま治ってしまう人もいます。
当院で行われているブロック注射は従来の手法に改良を加え、より痛みの少ない方法で行っております。
何年も痛みに苦しんでいる方、薬が手放せなくて困っている方、是非ご相談ください。

川越で矯正治療、インプラント、親不知抜歯、歯周病治療、義歯の上手な歯医者は中台歯科医院