マウスピ-ス矯正

マウスピ-ス矯正

マウスピ-ス矯正

2015/10/20   矯正歯科・小児矯正

今日はマウスピース矯正の勉強のために大宮に行って来ました。
「マウスピースも進化しているんだなー。」と感心させられた一日でした。
マウスピースは自分で取り外せるのでとても便利。以前は抜歯ケースはできませんでしたが、今は抜歯ケースもできるようになりました。

しかし便利な分だけ時間がかかり、難症例は今だに困難です。
私の最も得意とするエッジワイズ法のように1年で終了させることはできないようです。
でもブラケットをつけたくない方には最高の方法です。
マウスピース法は会社に上下の全顎模型を送ってマウスピースを作ってもらい、それをはめるだけです。
だから人任せ、患者任せの治療法だということが欠点です。
矯正は歯科治療の中で一番難しい学問です。4~5年以上毎日矯正づけになって勉強して始めてできるようになるのです。
講習会に数十回出たくらいで簡単にできるようになるものではありません。
また マウスピースは矯正治療ができない一般の先生方に矯正を普及させるために考案された方法です。安易に矯正に手を付けると時間ばかりが経過し、患者様の信頼を失う結果となるでしょう。

当院院長は矯正専門医と全く同じ教育を受けています。
フルブラケット法を身につけている当院院長はあらゆる矯正法に精通し、患者様に最適な方法で治療を行っています。

日大矯正科出身 中台歯科医院 院長 吉田浩章

川越で矯正治療、インプラント、親不知抜歯、歯周病治療、義歯の上手な歯医者は中台歯科医院