インプラントを長期に維持させる為には

インプラントを長期に維持させる為には

  • 標準
  • 拡大

インプラントを長期に維持させる為には

2015/10/24   インプラント

今日は青森県八戸で開業されている夏堀礼二先生の講義を聞きに上野のモリタ東京本社に行って来ました。

最先端のインプラントについて学んで来ました。

インプラントは日々刻々と進化しています。時代の流れについていくために常にアンテナを張って貪欲なまでに最新の知識を吸収していかなければなりません。
それが歯科医師の使命です。

インプラントを長期に維持させることはインプラント治療を行っている歯科医師にとって最も難しく最も大切な命題であります。
インプラントの維持は術者側の技術の問題と患者側の自己管理の問題があり、どちらが欠けても長期維持にはつながりません。

インプラント周囲炎は無痛で広がっていきます。
なんともないからと油断して検診を怠っていると気が付いたら抜けてしまったということになりかねません。
インプラントは自動車と同じです。
定期的な検診とプラークコントロールができているかのチェックが必要です。

きちんと管理されている患者様はよく定期検診にいらっしゃいますが、管理ができていない方ほど検診にお見えにならないのは仕方がないことなのでしょうか。

当医院ではインプラント治療をされた患者様全員に定期検査のお葉書を出しております。忘れずに御来院くださいね。

川越市 中台歯科医院 院長 吉田浩章

川越で矯正治療、インプラント、親不知抜歯、歯周病治療、義歯の上手な歯医者は中台歯科医院