矯正治療について

矯正治療について

矯正治療について

2015/08/22   矯正歯科・小児矯正

こんにちは 川越市むさし野にある中台歯科医院の院長吉田浩章です。

矯正治療で抜歯か、非抜歯かという論争がよく見受けられますが、私は患者様本人の顔貌に合った方法をとるのが一番良いと考えます。

床矯正や機能矯正,マウスピース矯正では抜歯症例は対応できず、出っ歯になってしまったケースが非常に多くみられます。抜歯症例ができるのは、大学病院などで行われている「フルブラケット法」だけです。

側貌(横顔)を美しくすることは矯正の目的としてとても大切なことです。せっかく治したのに出っ歯に終わってしまったらきっと後悔することでしょう。

抜いた隙間は歯を移動させることによって詰まってしまうので何も心配することはありません。本物の矯正医は抜歯も非抜歯も両方の治療ができなければなりません。私

は日々進歩する歯科治療に対応できるよう、日ごろから講習会、勉強会に参加しています。

川越で矯正治療、インプラント、親不知抜歯、歯周病治療、義歯の上手な歯医者は中台歯科医院