過剰歯

過剰歯

過剰歯

2016/04/13   医院ブログ

本来あるべき歯(乳歯10本、永久歯32本)以外に生えてきた歯のことを言います。
過剰歯は普通の歯より小さかったり(矮小歯埋伏過剰歯)、形が違っていたりすることが多く、逆さまに埋まっているもの(逆性埋伏過剰歯)もあります。

過剰歯を放置すると隣接する永久歯の歯根吸収をおこし、歯がぐらついて来たり、大人の歯が生えて来なかったりします。

正中過剰歯

上顎正中部では前歯がハの字に開いたままで、真ん中の隙間が閉じなかったりします。(正中離開)上の前歯が生えてきた頃(6歳前後)に、3ミリ以上離開して いたら、過剰歯を疑いましょう。

過剰歯は生える向きや位置、形により様々な悪影響を及ぼします。まずは、ご相談ください。

川越で矯正治療、インプラント、親不知抜歯、歯周病治療、義歯の上手な歯医者は中台歯科医院