ブラキシズムの悪影響

ブラキシズムの悪影響

ブラキシズムの悪影響

2016/04/29   医院ブログ

歯の中央部分に穴が開いています。
この歯は右上3番・犬歯と呼ばれる歯です。
患者様本人は「凍みてしょうがない。八重歯だから抜いてしまいたい。」と言っていたので抜いてみたら、歯肉の中でこんなに大きな穴があったのです。「これはすごく凍みたでしょう。」と若い先生と2人でびっくり。

これは歯軋りが原因でできた穴です。何万回と歯がしなりを繰り返し、セメント質がひび割れを起こして、こんなに大きな穴になってしまったのです。

以前にできた楔状欠損はレジンで詰めてあります。
「楔状欠損はブラキシズムが原因。」という説がありますが、必ずしも歯頸部にできるものではないのです。

とても勉強になりました。こんな発見ができたのも長年の臨床経験の賜物だよね。

川越で矯正治療、インプラント、親不知抜歯、歯周病治療、義歯の上手な歯医者は中台歯科医院