歯科恐怖症の患者様へ

歯科恐怖症の患者様へ

歯科恐怖症の患者様へ

2018/04/09   医院ブログ

歯医者が大好きな人はあまりいないでしょう。出来れば行きたくはないけれど、それでも通常は覚悟して多少の恐怖心に耐えながら治療を受けるものです。
しかし、歯医者に行くと考えただけで大量に発汗したり、動悸が激しくなり、気分が悪くなる。そんな患者さんがいます。これを歯科恐怖症と言います。

歯科恐怖症は過去の歯科治療がトラウマとなって、幼児期・学童期に成功体験をうまく踏んで来れず、成長してしまったことから発症していることが多いのです。
症状として、大量の汗動悸めまい吐き気嘔吐過呼吸などが起こり、ときには意識の消失デンタルショックを引き起こすこともあります。
歯科恐怖症は心因性の疾患ですが、克服できる病気です。
事実、当院でセデーション(鎮静法)を受けた方は恐怖症を克服しています。

当院は今後、これまで以上に歯科恐怖症に力を入れていきます。
一緒に頑張りましょうね。

川越で矯正治療、インプラント、親不知抜歯、歯周病治療、義歯の上手な歯医者は中台歯科医院